トップページ > 厚生年金基金とは

厚生年金基金とは

【もくじ】

厚生年金基金とは

厚生年金基金とは


 厚生年金基金(以下、基金という)とは、国に代わって老齢年金の一部を基金自身が年金を支給する制度のことをいいます。 昭和41年に創設された年金制度で母体企業とは独立したもので「**厚生年金基金」の名称の特殊法人が運営主体となって、下図のように

(1)  公的年金の一部を代行して給付を行うこと、即ち、厚生年金基金に加入したことがある人の報酬比例部分の年金のうち、基金加入期間に関しては厚生年金基金から年金支給が行われる。
(2)  更に、厚生年金から支給されるであろう老齢厚生年金の額(国の代行部分)を必ず超えなければならない。

・・・とされていることから、基金独自の規約でプラスアルファの上乗せ分の給付を行うというというところに特徴がある制度のことをいいます。

 厚生年金基金のプラスアルファの類型としては、設立が古い基金の中には加算部分が無く上乗せ部分に厚みを持たせた設計の「代行型基金」であったり、加算部分の設置で給付を厚くしている「加算型基金」、支給開始年齢を早めて受取額を厚くしている等、多様です。そのため各基金の加入員は、厚生年金給付プラス手厚い上乗せ給付が受けられる(享受できる)システムになっております。

 他方、経営主体側は、今まで景気の低迷で給付維持が困難になり基金を解散したり、企業年金の積立不足の問題等の含みはありますが、行政官庁の指揮監督下に置かれていて受給権の保護上から法令改正で順次制度の整備がされてきております。現在でも基金の加入者数は厚生年金加入者の15%ぐらい占めているようです。

政府と厚生年金基金の比較図

政府と厚生年金基金の比較図

厚生年金基金と在職老齢年金

 厚生年金基金の加入期間のある方は、厚生年金の在職老齢年金制度によって報酬月額相当額と基本月額に応じて一部又は全部の支給停止がされる場合があります。

 即ち、平成17年4月以降、基金に加入期間がある場合の在職支給停止額は、「政府支給+基金代行部分の額」で計算します。

 その仕組みは、支給停止の額は基金に加入していた期間を加入しなかったものとみなして計算し、先に厚生年金で支給停止し、停止しきれなかった額を基金で支給停止できる扱いになっています。

 また複数の基金に加入があった場合の支給停止額は、総額を各基金の加入期間や加入期間の平均標準給与等の割合で按分した額を支給停止することがでる扱いになっています。しかし、基金の停止については、各基金の規約によって多様です。即ち停止しない場合もあります。

ページトップへ戻る

AM 07時06分

04月27日
 木曜日

サイト内検索

年金請求代行

MENU

参考資料

個人情報保護

Sponsored by

ホームページ制作 FX レンタルサーバー比較 フリー素材 無料素材
エンゼルハイム歯科
宝谷事務所
一竿堂
1000円カットミナス 在職老齢年金支給停止解除対策 年金請求代行 労働基準 労災事故 東スポワールド

サイト登録 Paseon
Copyright(C) 宝谷社会保険労務士事務所 All Rights Reserved. 業務災害、労働災害(労災)事故のことでお悩みなら、当事務所へご相談ください。事故発生直後の初期対応から以降の手続き対応も承っております。